50歳くらいの女性に多い|不老になれるプラセンタ|年を取るのが楽しくなる

不老になれるプラセンタ|年を取るのが楽しくなる

ウーマン

50歳くらいの女性に多い

下を向く婦人

症状など

女性の方で45〜55歳くらいの方は更年期と言われていて、更年期障害の症状が出る方がいます。更年期障害の症状についても、個人差がとても激しくて、ほとんど症状を感じない方から日常生活を送るのが難しい方までいます。また、症状もその日によって違うことがあります。不規則な生活などにより20代や30代の女性でも若年性更年期障害になります。のぼせやほてり、イライラなどの症状がある場合は、一度婦人科で検査をしてみるのがいいです。薬による治療は、ホルモン補充療法というものがあります。この薬は保険適用なので自己負担も少ないです。それ以外の治療として、漢方薬もあります。また、うつ症状や不安が大きい方には、抗不安薬での治療も有効です。

予防など

更年期障害は期間が長いことから、ずっと続くのか不安になる方が多いですが、更年期の間だけに起こる症状ですので自然に治ります。更年期障害を予防、改善するには、更年期になったときに軽い運動をして体力と健康維持に気をつけることも大切です。また、趣味や生きがいとなるものをみつけるといった、普段の生活も充実するよう気を配るのが重要です。様々な不定愁訴が起きて更年期障害が疑われた場合は、血液検査で女性ホルモンの量を調べます。エストロゲンや黄体ホルモンの数値を調べることによって、更年期障害かどうかが分かります。主な治療となっているホルモン補充療法の副作用について、代表的なものに不正出血があります。女性ホルモンの働きによるものなので安全です。